「育毛剤ランキング -男性、女性に人気の育毛剤を調査」は男性、女性に人気の育毛剤の成分、効果、特徴、価格などを中心に調査、紹介しているサイトです。
男性と女性の売れ筋育毛剤をランキングで紹介します。男性と女性では薄毛の原因や症状、対策は異なります。そこで売れている男性、女性別に育毛剤の特徴、成分、効果なども徹底調査しました。このサイトでは現在、ネットで売れている育毛剤をピックアップして紹介します。

男性育毛剤ランキング BEST3

男性育毛剤で売れているのがBUBKA。育毛剤とサプリで体の外と内の両方から育毛促進します。育毛剤には褐藻エキスM?034を配合。抜け毛の原因となる退行誘導因子の働きを抑制する作用があります。サプリには抜け毛の原因となるDHTを抑制するノコギリヤシ、髪の毛の元になるタンパク質の合成を促進する亜鉛などを配合しています。
詳細はコチラ
加水分解酵母エキスが毛乳頭細胞を活性化することで育毛促進。アルコールなどのダメージ成分は無添加。
詳細はコチラ
バイオポリリン酸を配合。毛乳頭内の発毛促進物質(FGF)を安定化することで毛母細胞を活性化します。
詳細はコチラ

女性育毛剤ランキング BEST3

女性育毛剤で人気なのがマイナチュレ。血行促進成分、保湿成分などの植物エキスをたっぷり配合。さらに、ミツイシコンブに含まれる海藻エキスが毛根を活性化して育毛を促進します。香料や鉱物油などのダメージ成分は無添加だから頭皮が敏感な方でも安心指定しようできます。
詳細はコチラ
エビネエキスは頭皮の血流を改善する作用があります。血行が良くなることで毛母細胞も活性化します。
詳細はコチラ
厳選された和漢エキス12種類を配合。ナノエマルジョン技術で育毛成分がしっかり浸透し、育毛促進。
詳細はコチラ

男性育毛剤選びのポイント

男性ホルモン、毛母細胞活性化がポイント!

男性の薄毛の9割は「男性ホルモン」が関係しています。男性ホルモンが前頭部や頭頂部の毛乳頭内で5αリダクターゼと呼ばれる酵素の影響を受けることでDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。DHTは男性ホルモンレセプターと結合することで退行誘導因子(TGF-β1)を生成し、ヘアサイクルを短縮化します。ヘアサイクルが短くなると、髪の毛は細くなり頭皮が透けてきます。

育毛剤選びのポイントとしては「DHT抑制」と「毛母細胞活性化」が重要です。育毛剤ランキング 男性などにも育毛剤が掲載されています。DHTの生成を減らす事で成長期を伸ばし、ヘアサイクルを改善していきます。さらに、頭皮の血行を促進する事で栄養を毛乳頭に補給して細胞を活性化し、髪の毛の成長をサポートします。

女性育毛剤選びのポイント

血行を促進して毛母細胞を活性化!

女性育毛剤の売れ行きが非常に伸びています。特にここ数年、女性育毛剤の種類が増えてきました。女性の薄毛の原因は様々です。ホルモンバランス、加齢、ストレス、ダイエット、生活習慣などがあります。女性の薄毛は男性の薄毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)とは異なるとという報告があります。女性の薄毛はびまん症脱毛と呼ばれ、頭髪全体が薄くなってきます。男性と違い、休止期が長くなる傾向があります。

年齢とともに女性ホルモンの分泌が減少すると、血行が悪くなり代謝も低下します。その結果、髪の毛の成長力も低下してきます。女性育毛剤の役割として大事なのが血行促進、保湿、細胞の活性化です。後は食事、睡眠、運動、ストレス解消など日常の生活習慣を改善が髪の毛の成長をサポートします

「育毛剤ランキング-男性、女性に人気の育毛剤を調査」について
男性育毛剤と女性育毛剤を実際に購入し、体験していみました。男性の場合は男性ホルモン、DHTが薄毛を引き起こします。ヘアサイクルにおける「成長期が短く」なります。髪の毛が細くなり地肌が透けるのはこのためです。産毛のような状態を繰り返します。男性用は育毛剤だけでなくサプリメントがセットになったタイプが増えています。サプリには抜け毛の原因となるDHTを減らす「ノコギリヤシ」を配合している為です。このサイトでは男性用育毛剤としてBUBKA、M-1育毛ミスト、ポリピュアEX,チャップアップなどの売れ筋育毛剤を購入シ、比較しました。
女性の育毛剤は血行促進、保湿、細胞の活性化がメインになっています。女性の薄毛は「休止期が長い」という特徴があります。対策としては血行を促進して栄養を送り、毛乳頭と毛母細胞の働きを活性化します。DHTを抑制しても薄毛の改善するという報告はありません。また、年齢とともに女性の頭皮は乾燥しやすくなります。保湿成分を配合した植物エキスで頭皮に潤いを与えることで、髪の毛が成長しやすい状態にすることも重要です。